2016年11月8日火曜日

ぶろぐの練習も兼ねたタコ紹介「佐々木良麻編」

こんにちは!
今回も担当します、矢作です。

前回のタコ(他己)紹介は、とってもプリティーな伊勢さんでしたが
第2回目は、お菓子大臣こと「佐々木良麻」くんです。




良麻くんのお仕事は、
植樹チームのリーダーとして
植樹会の準備の指揮をとったり
桜のお手入れや、草刈りなど、
桜ラインを創るうえで
とっても大事な役割を担っています。

緊急人道支援などの指揮もとっていて、
※災害が起きたとき、義援金箱などの対応
台風10号被害のあった岩泉ボランティアの手配も
良麻くんがやってくれてます。

会議などでも、筋の通った発言が多く
真面目で、とっても頼りになる先輩です♪



そんな、先輩

良麻くんですが・・・・


ある時間になると、すっくと立ち上がり
それを合図に、メンズ2人も立ち上がるのです。


そう!

時間は3時

おやつの時間です(^^)




冒頭にあった、お菓子大臣の由来はここにある!・・・のか?
おやつの時間になると、
お菓子大臣は、家来を引き連れ
コンビニへと行進をするのです。
そして、金銀財宝にも匹敵する、
お菓子をゲット!してくるのです。


あるときは、お土産にもらったお菓子を
率先して配ってくれます。




今まで勤めてきた会社は、一番ぺーぺーの私が
やらなければいけないことだと思っていたのですが、
大臣の領域は、侵してはならないようです。



良麻くんには、他にも大臣名があるのをご存知ですか?

桜ライン311の釣り大臣!です
それも、バスの釣り大臣
なぜ“バス”(ブラックバス)をつけたかというと
もう一人、釣りバカが入局してきたから(^^;)
大臣の釣りの話は、また今度にして
次回は、もう一人の釣りバカ
佐々木正也くんをご紹介します。

お楽しみに!

あやこ

2016年10月18日火曜日

ぶろぐの練習も兼ねたタコ紹介「伊勢雪音編」

こんにちは!

ブログでは、はじめましての事務局矢作です。


昨年12月に入社して、早10ヶ月。
広報事務方チームとしてやってきたわけですが、
主に事務方ばかりをやってました♪
そして~
広報のお仕事も徐々に勉強するべく
まずは、ブログからのご挨拶となりました。
よろしくお願いします。


さてさて、何を書こうかなあ~


では、

身近なとこで、他己紹介といきましょうか(^^)
私から見た事務局のメンバー5人を
全5回に分け紹介していきます♪


初回は、伊勢友紀さんです。
伊勢さんは、植樹チームで植樹会に向け
津波到達点にあたる土地の地権者様との交渉
桜の管理、植樹場所の整地作業とか
私が入るまでは経理などの事務方も兼任し
重要な役割を担っています。

私は当初、桜ラインのかわいい女子のポジションにいると
思っていましたが

そんなことはない!


桜ラインのムードメーカーでした!

伊勢さんがお休みの日は、まるでお通夜のような静けさです。


そして、なんと!


この若さで、桜ラインの女理事なんですよ!
私の中で“理事”なんて、年のいったダンディーなおじ様
(ようは、おじいちゃん(^^))
のイメージだったからびっくりです。

桜ラインの中では、飲べぇ~の伊勢さんと私。
ごはんを食べに行くこともあるんですが、
まぁ~、たべっぷりがいい!
美味しそうに食べるんですよー




たまらず、写メをカシャ!
このときは、事務所でパンを食べてたんですが
指まで食べるのかという勢いなんです。
こんな感じで私のスマホの中は、
伊勢さんが食べてる写真でいっぱい(^^)
食べてるときの伊勢さんは、ほんとめんこい(^^)




皆さん


伊勢さんにはもう一つの顔があるのをご存知ですか?


そ・れ・は~


アーティスト雪音としての顔。

震災前に歌手活動を始めたものの、震災があり地元に戻ってきました。
私たちの心を癒すべく歌手活動を続けています。

先日、中島みゆきの「糸」を聞く機会があったのですが
めちゃくちゃうまくてびっくりしました。
ご飯たべてる伊勢さんとは大違いです、ほんとに。

Singer雪音のアメーバブログ
http://profile.ameba.jp/isechun-blog/



次回は、お菓子大臣&釣りバカで有名(?)な
佐々木良麻くんを紹介します。

まだまだ堅苦しさが見えるブログですが、
徐々に桜いろになっていくのをお楽しみください。

あやこ

2016年2月19日金曜日

シシュンキの中学生

皆さまこんにちは!
事務局のけんけんです!

facebookやtwitterにはあがりましたが、
浄土寺の桜が芽吹きはじめております。
春が迫りつつある陸前高田です!!

予想以上の取材陣が集まった横田中学校植樹会。
さて、今週は横田中学校との植樹会でした。
この植樹会から、いよいよ
春のシーズンスタートになります。

横田中学校はこの3月で閉校となり、
高田一中と併合されることになっております。
今回の植樹会では、全校生徒14名が
参加してくれました。

作業中の中学生ら。手際よし。

横田中学校の子が、横田町内の
津波の到達地点に植樹する。
横田町は、陸前高田でもだいぶ
海から離れてるところにあります。
津波が到達した場所も限られるのですが、
今回はうまく土地を確保することができました。

事務局のリョーマさんも、
この横田中学校のご出身で、
今回の植樹会を開催するにあたり、
強い思いもあったと思います。

今回僕は撮影に専念させていただきましたが、
リョーマさんが後輩たちに植樹を教えている
その姿は、すげえカッコよくみえました。

植樹作業を見守るスタッフ

話は変わりますが、全校生徒14名。
僕の出身中学校は大体650人くらいいたんで、
ちょっと色々疑問におもうことがありました。
そこで、植樹とはそれてしまいますが、
とある質問を投げてみました。笑

「14人の中で恋愛ってできんの?」

聞いた子は、おそらくモテるであろう
可愛い系男子。すごい勢いで

「ムリムリムリムリ!!」

と首を振っておりましたが
あの照れた表情を見るに、きっと
意中の女子がいるんだろうなと推測できました。笑

この年頃はお互い意識しがちなのに、男女仲の良い姿が印象的でした

その子は、4月に高田一中の生徒と
東京に修学旅行に行くとのこと。

一緒になって間も無い時期での修学旅行ですが
それでもギクシャクしないように、
以前から多く交流をもつ時間を作っていたそうです。
部活動も、一緒に行なうようにしていたんだとか。

そうでなくても、思春期を迎えている子どもたちです。
お話を聞いていると、先生方の気遣いと
苦労が伝わってきました…。
はやく新しい環境に馴染んで
くれたらいいなと思います。

植樹作業後、集合写真

次の植樹会は、米崎小学校さんとの植樹会です。
気合入れなおして頑張ります!!

桜ライン311事務局
けんけん(清水健太)



2016年2月5日金曜日

子どもたちの描く未来と桜ライン。

こんにちは!
事務局のけんけんです。

2月に入り、割とおだやかな天候が
続いている陸前高田です。
このまま春が来てくれれば…苦笑
まだまだ寒い日が続いています。

小学生を前に講演を行なう代表の岡本
さてさて。今週は、
地元の米崎小学校の6年生を対象に
代表の岡本が講演を行なってきました。

この学年は総合的な学習の時間で、
「未来のまちづくり」をテーマに
調べ学習を行なってきたんだそうです。

なかには桜ライン311についてを調べ、
まとめてくれた子もいたんだそうです。

女の子が作った未来図。咲いている桜は桜ラインをイメージ?

その影響もあってか、子どもたちは皆、
45分間代表の話に聞き入っていました。

今日はここで僕の心に残った、
ある男の子の感想を紹介します。

「僕の家は牡蠣の養殖をやっています。
牡蠣を使って、陸前高田に人を
いっぱい呼べないか考えていました。
桜が沢山咲いて、それを見に高田に人が
来てくれるようになったら、うちの牡蠣と
合わせて色々できるんじゃないかなと思いました。」

あまりにしっかりしすぎていて、心底驚きました。
しっかり、まちのことも考えてくれているんだなあと。

僕が小学生の頃なんて、何も考えてなかったです。
勉強もロクにせず、野球とバスケと水泳しかやってませんでした。
それ以外は食って寝てたもんです。

いやあ…尊敬しました本当に。

発言は立って。思ったことを率直に伝えてくれました。
そうそう。
代表の岡本ですが、よく「ちゃらい」と言われます。
なんでしょうね、言葉のチョイスなんでしょうか。
髪型なのでしょうか。子どもたちもそれをなんとなく
感じ取っていたようです。

真剣に感想を書いているのかと思ったら…
皆が一生懸命、感想を記入している時間、
ふと見たこの子のプリントに、
何か書いてあるのを発見しました。

似顔絵!うまい!!
よく書けてるなあ!
と感心してしまいました!
うまい。すごい似てます。笑

セリフも絶妙に、なんかちゃらいです。笑
小学生らしい落書きで、
ちょっとホッとした自分がいました。

※感想もばっちり書いてましたよ


実はこの2月で、僕が陸前高田に
来てから2年が経過しました!
2周年記念です!笑

来週のブログでは、特に書くことがなければ
僕の2周年について書こうかなと思います。笑

それでは来週もお楽しみに!

桜ライン311事務局
清水健太(けんけん)

▼今週のベストショット▼
恵方巻きをほうばる良麻さん。今年は南南東でした!


2016年1月29日金曜日

諦めない心。

皆さまこんにちは!
事務局のけんけんです。

まさについさっきですね、
春の選抜高校野球の出場校発表されました!
岩手県からも21世紀枠で釜石高校が出場決定。
いや~おめでとうございます!

甲子園といえば、高校球児の夢。

ちなみに地区予選では、出場を決めた釜石高校に
我らが高田高校が勝ってたようなんですよね!
※事務局の良麻さんがなかなかの
野球フリークで教えてくれました。笑

今回は悔しいですけれども、
もしかして夏はあるんじゃないか!?
現高校1年生に中々良いピッチャーがいるとのこと。
これは期待できそうです、頑張れ高田高校!!

さて、野球の話題はこれくらいにして。笑



植樹会の参加者の募集、火曜日13時に
締め切りとさせていただきました!
今回も両日とも定員を上回る、
多くのお申し込みをいただきました。
本当にありがとうございます!!

植樹チームは、その調整に大忙しな1週間でした…

調整中の植樹チーム

そして今週は、もう1つ、少しほっこりしたお話を。
桜ライン311の事務所まで、子どもたちが
寄附金を届けにきてくれたんです!

封筒には「未来に向けて役立たせてください」の文字。
この子たちは、お隣の一関市にある
「一関清明支援学校」の子どもたち。
なんと今回で、3年連続3回目。

子どもたちの成果発表
毎回、どうやってこのお金を集めたのか、
自分たちが行なってきた震災学習についてなど、
模造紙にまとめて発表してくれます。

この前に立って発表してくれた2人の子は
去年も来てくれた子たちでして。
去年よりもさらに堂々と、はきはき喋って
「子どもの成長すごい!」と感動しました、ほんとに。

今年は、土地の開墾から始まり、
トウモロコシを栽培・収穫して
文化祭で販売してその売上を寄附する、
という計画だったようです。

ですが自然相手のことですので、
狙い通り行かないのもままあること。
収穫したトウモロコシは、うまくポップコーンに
ならないものも多かったようです。

しかしそこで諦めないで、
市販のポップコーンを混ぜる形で販売し、
今回寄附金としてもってきてくれました。

ショウマさんも笑顔でみつめていました。
植樹している桜も、
鹿が食べてしまったり、土地に根付かなかったり
色々なことが原因で枯れてしまうことがあります。

プロが植えたとしても、
2割~3割は枯れてしまうんだとか。
本当に難しい生き物ですね…。

清明支援学校の子どもたちみたいに諦めず、
「枯れて当然」とは思わずに工夫をこらして、
1万7000本を達成したいと強く思いました。

今回いただいた寄附金、大切に、大切に
未来に役立てたいと思います。

桜ライン311事務局
けんけん(清水健太)